ニンジャスレイヤー

ニンジャスレイヤー記事一覧

公式ブログ、公式twitter情報

「キョート・ヘル・オン・アース」3巻発売を祝し「ニンジャスレイヤーTRPG」から期間限定のオープン公開記事です! ニンジャスレイヤーTRPGプラグイン:キョートからの来訪者たち2:イグゾーション、クラミドサウルス and mor… https://t.co/ifAm3vtnwy
06-19 00:42:53
【続く】
06-19 00:15:13
フィルギアは咳払いをひとつ、窓を乗り越えると、既にその姿はない。その場の者達はやがて我に返った。「……ならば、キノコは任せなさい」ジェイソンが言った。「アタシらでしっかり探すよ」乳飲み子を抱えた女が請け合った。コトブキは人々を見た。みな、コトブキの目を見て頷いた。 42
06-19 00:15:02
「どこかへ?」コトブキが訊き返す。フィルギアは頷く。「調子狂っちまった……悪いけど、俺、カラテはカラキシだし、そもそも、作戦を手伝う義理もないしね」「あの、ありがとうございました」「イヒヒ……いいか、だけどそもそも俺がさっき言った… https://t.co/ColJXvO9GP
06-19 00:09:08
「アンタ、何者だね」ジェイソンが尋ねた。フィルギアは熱弁を自ら顧みるかのようにクールダウンし、コトブキの後ろに下がった。「……俺は博物学者だ。博物学者、って呼んでくれればいいよ。まあ、キミらにまた会う事も多分ないと思うけど……ちょっと寄っただけなんだ。この後も忙しい」 40
06-19 00:05:17
「とても詳しいのですね」「ああ。色々試したもんだよ。長い人生、倦んでしまうから。とにかくいいか、メイプル・サケとマサシタケの相性は最悪なんだ。めちゃくちゃバッドトリップする。特にマグマの奴らは炎を纏うにもセイシンテキが必要で……」村人達がフィルギアをじっと見ている。39
06-19 00:02:23
「それは茸ですか」「そう、茸」フィルギアはホワイトボードの余白に、まるでデッサンしたような写実の図画を描いた。「これ、探して。川の水が直接洗っていく地面に時々生える。見た目はマツタケに似てる。マツタケだと偽って食わせるんだ。焼いて、サシミにしてもいいし、ソバに混ぜてもいい」 38
06-18 23:56:45
「へえ、そうです」村人が答えた。「供するならば、メイプル・サケです。兄弟はメイプル・サケに目が無くて……」「ただ酔わせるだけだと、五分ってところだが」「わたしのセッタイでカンペキですよ」「食い合わせの助けを借りようか。この異常な生態系なら、マサシタケが生えてるかも知れない」 37
06-18 23:51:04
彼はホワイトボードの和やかなコトブキの絵を見て微笑した。「酒の甕か。実際、悪くはないな……悪くは。マグマ・ニンジャ・クランの奴には案外これは……」コトブキはフィルギアの思考を邪魔せぬよう、奥ゆかしく黙っている。「このサケは何?」「種類は詰めていません」「メイプル・サケかな?」36
06-18 23:48:08
「いや……でもまあ……そうね、一見アレだが……」彼は爪先で床をタップし、指を噛み、ニューロンを高速回転させているようだった。「このヴォルケイノーはどんなニンジャ?」ジェイソンはやや怪訝としながら、フィルギアにその力の特徴を伝えた。… https://t.co/MCc9rWSWPV
06-18 23:44:53

ニンジャスレイヤー新着画像